G検定を受験する方必見 試験対策用テキストを紹介!

G検定を受験する方必見 試験対策用テキストを紹介!

AIが普及するようになったことで、ディープラーニングの知識を身に付けた人材が必要とされています。エンジニアなどの情報システムの仕事に就く人はもちろんですが、マーケティングや営業、人事などの職種でも、G検定を受験する人が増えている状況です。今回は、G検定の概要に触れながら、試験勉強に役立つテキストや勉強法などを紹介していきます。

ディープラーニングの知識が問われるG検定

G検定(ジェネラリスト検定)は、一般社団法人の日本ディープラーニング協会が毎年実施している資格試験です。試験が始まった2017年から徐々に受験者が増えており、人気がある資格のひとつになっています。

専門知識を事業に応用できる人材を育てるのが目的

G検定は、ディープラーニングの知識を事業に応用できる人材の育成を目的にしています。このようなスキルを持った人材はジェネラリストと呼ばれており、AIの導入を考えている企業にとっても欠かせない存在です。現場のエンジニアと管理部門の橋渡し役になれたり、専門技術を事業に応用するときの問題点を発見できたりするところは、ジェネラリストの大きなメリットです。

エンジニア以外の受験者が多い

G検定は、情報システムの専門知識を持たない人も多く受験している試験です。この検定は、AI、機械学習、ディープラーニングが主な出題範囲です。いずれも、プログラミングの専門知識がなくても解ける問題が中心ですが、覚えなければならない情報量が多いこと、数学の基礎力が必要なこと、などは受験する前に知っておく必要があります。公式のテキストや日本ディープラーニング協会が紹介している書籍などを使って勉強をすれば、本職のエンジニアでなくても合格できる可能性は十分にあります。

G検定合格に役立つテキストや本は?

プログラミングの知識がまったくない人がG検定合格を目指す場合は、テキストや本を利用して必要な情報を得ることが必要です。ここでは、日本ディープラーニング協会が紹介している試験勉強におすすめのテキストや推薦図書から、代表的なものを4点ほどピックアップしてみました。

「深層学習教科書ディープラーニングG検定公式テキスト」

深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト
日本ディープラーニング協会が監修しているこちらのテキストは、G検定合格を目指す受験者の多くが利用しています。「深層学習教科書」というネーミングの通り、ディープラーニングを一から学べる情報が詰まっているのがこのテキストの特徴です。テキストは楽天ブックスやAmazonなどの通販サイトでも取り扱いがあり、比較的簡単に入手ができます。kindle版も発売されており、電子書籍派の人でもスムーズに学習が進められます。

「AI白書2019」

AI白書
日本ディープラーニング協会が推薦図書として挙げているのが、こちらの本です。毎年発刊されている「AI白書」では、AIについての最新の動向や統計データなどが紹介されています。G検定では、AIを取り巻く現状の問題などが問われることもあるため、新しい情報に触れておくことは大切です。この本も、楽天ブックスやAmazonなどで手に入ります。

「深層学習」(機械学習プロフェッショナルシリーズ)

深層学習
講談社から出版されているこちらの推薦図書は、CNNやRNNなどの深層学習についての専門的な知識を含む内容です。ディープラーニングの基礎から学べる構成になっているため、プログラミングの知識がない人がG検定を受けるときにも役立つ可能性があります。

「人工知能は人間を超えるかディープラーニングの先にあるもの」

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの
この本は、第一線で活躍するAIの研究者が執筆をしています。人工知能のこれまでの歴史や今後の見通しなどが詳しく解説されており、知識がない人にとっても比較的読みやすい内容と言えます。AIブームの詳細や、専門家と世間一般の考え方の違いをまとめた章などは、試験対策をするうえでも役立つかもしれません。

G検定合格を目指すときの勉強法

G検定合格を目指すときの勉強法には、独学と講座を利用する方法があります。

独学はテキストや推薦図書を集中的に勉強するのがポイント

自分でG検定の勉強をする場合は、テキストや推薦図書を中心に学習を進めるのがよい方法です。日本ディープラーニング協会の公式サイトでは、出題範囲をまとめたシラバスが公開されています。サイトには例題も一部掲載されているため、どのような問題がでるかをチェックして勉強をすることができます。実際に試験を受けた人の口コミなども、参考にできるでしょう。

講座にはいろいろなスタイルがある

G検定の対策講座には、インターネットを利用して勉強ができるオンライン講座や専門家から講義を受けるセミナー形式の講座などがあります。どういった講座がよいかは、受験者のライフスタイルや試験までの残り時間などで変わってきます。自分に合った講座を選ぶのが、合格への近道です。

G検定に合格するには事前の準備が必要

G検定は、AIや機械学習などのさまざまな知識が問われる試験です。第一線で活躍するエンジニアでなくてもトライできる試験ですが、合格するには相応の準備をしておく必要があります。試験準備に役立つ情報は、日本ディープラーニング協会の公式サイトでも入手ができます。ここで紹介したテキストや本なども活用しながら、しっかりと準備をして試験に臨みましょう。