AIによる文章要約ツールのおすすめ5選!メリットや上手に使うコツも紹介

AIによる文章要約ツールのおすすめ5選!メリットや上手に使うコツも紹介

ChatGPTをはじめとした、生成AI(ジェネレーティブAI)が注目を浴びています。
生成AIに興味はあるけれど、どのように使えばいいのか不安だという方も多く見受けられます。
そこで、今回は文章要約に使えるAIツールについて解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

AIによる文章要約ツールとは?

AIによる文章要約ツールは、人工知能(AI)を用いて長い文章を短く要約するツールを指します。
これらのツールは、自然言語処理(NLP)というAIの一分野を利用しています。
文章要約ツールは、大量のテキストデータを短時間で処理し、その主要な内容を抽出する機能を持っています。
これは、ニュース記事、研究論文、レポートなど、長い文章を読む時間がない場合や、大量の情報を迅速に理解する必要がある場合に役立ちます。

文章要約ツールには、抽出型要約と生成型要約の2つがあります。

抽出型要約は、元のテキストから重要なフレーズや文を直接抽出して要約を作成します。

一方、生成型要約は、元のテキストの内容を理解し、その内容を表現する新しい文を生成します。
AIによる文章要約ツールは、情報過多の時代において、我々が情報を効率的に消化するのを助ける重要なツールとなっています。

AI(人工知能)とは?歴史、開発方法、活用事例をわかりやすく解説

AIで文章を要約するメリット

AIによって文章を要約するメリットは以下のように多岐に渡ります。それでは、以下5つのコツを紹介していきます。

  1.  時間節約
  2. 情報過多の対処
  3. 研究の効率化
  4. ビジネスの効率化
  5. ニュースの摘要

時間節約

長い文章を読む時間がない場合でも、AIによる要約ツールを使用することで、短時間で内容を把握することができます。

情報過多の対処

現代社会では情報過多の問題がありますが、AIによる要約ツールは大量の情報を処理し、重要なポイントだけを抽出できます。

研究の効率化

研究者や学生は、膨大な量の文献を読む必要があります。AIによる要約ツールは、これらの文献を迅速に要約し、必要な情報をすばやく見つけるのに役立ちます。

ビジネスの効率化

ビジネスの世界では、レポート、メール、契約書など、大量の文章を処理する必要があります。AIによる要約ツールは、これらの文書を迅速に要約し、重要な情報を抽出するのに役立ちます。

ニュースの摘要

AIによる要約ツールは、ニュース記事を短く要約し、ユーザーが最新のニュースを迅速に把握するのを助けます。

おすすめの文章要約AIツール5選

おすすめの文章要約AIツールを5つご紹介します。

ChatGPT

ChatGPT

ChatGPTは長い文章を短く、要点を抽出した形で再構成することが可能です。
その際、元の文章の意味やニュアンスを保持しつつ、簡潔に情報を伝えることを目指します。
また、ChatGPTは自然な会話を生成する能力も持っており、ユーザーとの対話を通じて、より具体的な要約を提供することもできます。

ChatGPTをはじめとしたジェネレーティブAIについてはこちらの記事を参考にしてください。

ジェネレーティブAIとは?メリットやデメリット、活用事例まで紹介

Notion AI

Notion AI

Notion AIは、Notionに搭載されたAI機能で、文章作成や要約、議事録作成などを行うことができます。
特定のキーワードを用いた文章作成や要約により、議事録やビジネスメールの作成が可能です。
また、タスク抽出やデータ分析など、ビジネスパーソンの業務をサポートする機能も搭載されています。
ただし、Notion AIは回数制限があります。

こちらの動画ではNotion AIの機能について解説しております。

HIX Summarizer

HIX Summarizer

HIX Summarizerは長いテキストやPDF、ドキュメント、Webページから重要な情報を抽出し、簡潔な概要に変換します。またYouTube動画の要約も可能です。
ユーザーは要約の形式を選択でき、段落形式や箇条書き形式などが利用できます。
これにより、ユーザーは時間を節約し、必要な情報を効率的に得られます。

Catchy

Catchy

CatchyはAIライティングアシスタントツールです。
マーケティングに最適な文章を自動生成し、広告のコピーライティング、ビジネスメール、記事作成など、120種類以上の生成ツールが利用できます。
また「丁寧」「カジュアル」「大胆」の3つのテイストから選択可能です。

ELYZA DIGEST

ELYZA DIGEST

ELYZA DIGESTはAIを活用した文章要約ツールで、どんな文章でも3行に要約することが可能です。
ユーザーは要約したい文章を入力するだけで、AIが要約文を生成します。
また、長くない文章であれば5秒程度、長い文章でも10秒ほどで要約が完成します。
これにより、ユーザーは時間を節約し、必要な情報を効率的に得ることができます。

文章要約AIツールを上手に使うコツ

AIによる文章要約ツールを上手に使うにはコツをつかむ必要があります。以下の5つのコツを紹介します。

  1. 目的を明確にする
  2. ツールの特性を理解する
  3. 原文の理解
  4. 要約の確認
  5. 複数のツールを試す

目的を明確にする

要約ツールを使用する目的を明確にすることが重要です。
例えば、研究論文の要約を必要としているのか、それともニュース記事の要約を必要としているのかによって、適切なツールの選択が変わります。

ツールの特性を理解する

各要約ツールは異なるアルゴリズムや手法を使用しており、その結果、要約の品質やスタイルが異なります。
ツールの特性を理解し、ニーズに最も適したものを選択することが重要です。

原文の理解

要約ツールはあくまでツールであり、その出力は原文の理解に基づいています。
従って、要約の結果を理解するためには、原文の内容をある程度理解していることが必要です。

要約の確認

要約ツールは完全に正確な要約を生成することは難しく、誤解を招く可能性があります。
したがって、要約の結果を確認し、必要に応じて原文を参照することが重要です。

複数のツールを試す

1つのツールが全てのニーズを満たすわけではありません。
複数のツールを試し、それぞれの長所と短所を理解することで、最適なツールを見つけることができます。

議事録作成の工数削減のために活用する方法

議事録作成

AI要約ツールは、議事録作成の工数削減に活用できます。
以下にて手順を紹介しますので参考にしてみてください。

  1. 録音と文字起こし
    会議の録音を行い、その録音を文字起こしします。
  2. AI要約ツールの適用
    次に、AI要約ツールを適用して、文字起こししたテキストを要約します。
    この工程で、長いやりとりを短く、要点だけを抽出した形で表現できます。
  3. 要約の確認と修正
    AIによる要約は完全に正確ではない場合があります。
    そのため、要約結果を確認し、必要に応じて手動で修正することが重要です。
  4. 定型的な表現の自動化
    議事録には定型的な表現が多く含まれます例えば「~さんが発言しました」などです。
    これらの表現はAIツールを使って自動化することが可能です。
  5. テンプレートの利用
    議事録の形式はあらかじめ決まっていることが多いです。
    そのため、テンプレートを用意し、AI要約ツールの出力をそのテンプレートに当てはめることで、効率的に議事録を作成できます。

文章要約ツール利用時に気をつけたいポイントと対策

AIによる文章要約ツールを利用する時に気を付けておく必要のあるポイントをご紹介します。

自社のセキュリティ方針とマッチしているか

AIツールを利用する際には、自社のセキュリティ方針とマッチしているかの確認が重要です。
確認するポイントは以下の5つがあります。1つずつ説明していきます。

データプライバシー

AIツールがどのような種類のデータを収集、保存、使用し、共有するかを確認します。
データの種類には顧客データ、従業員データ、ビジネスデータなどがあります。

コンプライアンス

AIツールが使用する場所の法律、規制、業界の基準に準拠しているかを確認します。
特に、GDPR(一般データ保護規則)やCCPA(カリフォルニア消費者プライバシー法)などのデータプライバシー法に対するコンプライアンスは重要です。

セキュリティ機能

AIツールがデータ暗号化、アクセス制御、監査ログ、侵入検知システムなど、適切なセキュリティ機能を提供しているかを確認します。

ベンダーの評判

AIツールの提供者が信頼できるベンダーであるかを確認します。
ベンダーの評判、信頼性、セキュリティ対策の歴史を調査します。

契約内容の確認

AIツールの利用契約が自社のセキュリティ方針と一致しているかを確認します。
契約内容には、データ所有権、データの使用と共有、セキュリティ違反の通知などが含まれます。

これらのポイントを考慮に入れることで、AIツールが自社のセキュリティ方針とマッチしているかを確認できます。

情報が正確ではない可能性がある

AIツールを利用する際には、その出力情報が必ずしも正確であるとは限らないという点に注意が必要です。

学習データの質

AIツールの精度は、学習に使用されたデータの質に大きく依存します。不完全または偏ったデータから学習したAIは、誤った結果を出力する可能性があります。

コンテキストの理解

AIは人間のようにコンテキスト(文脈)を完全に理解することはできません。したがって、コンテキストに依存する情報の解釈には誤りが生じる可能性があります。

アルゴリズムの限界

現在のAI技術は、特定のタスクに対して高い精度を達成できる一方で、未知の状況や複雑な問題に対する対応は限定的です。

AIツールを利用する際の対策

これらの問題を踏まえ、AIツールを利用する際の対策が必要です。
以下で対策法を説明します。

  1. 結果の確認
    AIの出力に対して可能な限り人間が確認し、必要に応じて修正することが重要です。
  2. 複数のツールの利用
    1つのツールだけに依存せず、複数のツールを使って結果を比較することで、信頼性を確認できます。
  3. 継続的な学習と改善
    AIツールは継続的に学習と改善を行うことで、その精度を向上させることが可能です。

AIの要約ツールについてまとめ

AIによる文章要約ツールは、大量のテキストデータを短時間で処理し、その主要な内容を抽出する機能を持っています。
これは、ニュース記事、研究論文、レポートなど、長い文章を読む時間がない場合や、大量の情報を迅速に理解する必要がある場合に役立ちます。
また、AIによる文章要約は時間節約、情報過多の対処、研究やビジネスの効率化、ニュースの摘要など、多岐にわたるメリットがあります。

文章要約ツールを使うためには、自社のセキュリティ方針とマッチしているか、情報が正確ではない可能性がある点にも注意が必要です。

この記事では、AIを使った文章要約ツールをご紹介しました。ぜひ、この記事を読みながら文章要約ツールのビジネス利用を検討してください。
ProSkilllではAIの知識を習得できるセミナー・講座「AIエンジニア育成講座」を開講しています。ぜひ、AIの知識を習得したいとお考えの方は「AIエンジニア育成講座」の受講を検討してみてください。

AIエンジニア育成講座の申し込みはコチラ