E資格のプログラミングの学習方法とは?初学者が合格する方法を解説

E資格のプログラミングの学習方法とは?初学者が合格する方法を解説

E資格にはプログラミングの問題が出題されます。穴埋コード作成など難易度が高い問題が出るため、プログラミングをしっかりと勉強しておきましょう。

今回はE資格のプログラミングの学習方法を紹介します。この記事を読めば、どのように学習していけば良いかがわかるようになるため、ぜひ読んでみてください。

プログラミングスキルPythonとは

Pythonとは1991年に開発されたプログラミング言語です。数値計算Webアプリ開発AI開発など、幅広い用途で利用されています。
さまざまなライブラリやフレームワークがあり、開発者コミュニティもあるため人気を集めています。E資格の試験でも問題が出題されるため、しっかりと学習しておくようにしましょう。

Pythonの基礎スキルを習得したいという方には、Python 3 エンジニア認定基礎試験がおすすめです。Python 3 エンジニア認定基礎試験の概要について詳しく知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。

Python3エンジニア認定基礎試験とは?試験概要、難易度、受験メリットを解説

E資格のプログラミング問題とは

E資格ではプログラミング問題が出題されますが、どのような内容なのでしょうか?ここでは、E資格のプログラミング問題をご紹介します。

穴埋め問題

E資格は4択問題ですが、AI実装コードに関する穴埋め問題や、AI実装に必要な計算問題が出るため、しっかりとプログラミングを理解していなければ正答できません。

ディープラーニングの仕組みCNNRNNトランスフォーマー強化学習の出題頻度の方が高いですが、プログラミングができなければ合格が遠のくため勉強しておきましょう。

開発環境の問題

AI開発を行うためには、フレームワークの選定やプロジェクトの視点からハードウェアを選ぶ必要があります。開発環境に関する問題も出題されます。
他の科目と比較するとボリュームは少ないのですが、AI開発経験がないと正答できません。そのため、AIを実装するなど訓練して知識を蓄えていきましょう。

コード作成

E資格ではPythonによるプログラミングが出題されます。実際にエンジニアとして働いている人も「仕事で求められるレベルのコード作成が出題される」などの口コミがあります。

難易度が高く感じますが、出題されるPythonのライブラリはNumpy程度です。そのため、さまざまなフレームワークに触れるのではなく、Numpyを中心に学んでおきましょう。

E資格はプログラミング問題が出題されるため、未経験者は難しいと感じてしまうようです。未経験者がE資格に合格するための勉強時間や勉強方法について詳しく知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。

E資格の難易度は?未経験で合格するための勉強時間・勉強方法を解説

E資格のプログラミング問題の対策テキスト

E資格プログラミング問題の対策におすすめのテキストは5冊あります。

Pythonではじめる機械学習

Pythonではじめる機械学習

出典元:『O’Reilly』

Pythonではじめる機械学習は「特徴量エンジニアリング」と「モデルの評価と改善」について多くのページを割いている書籍です。

プログラミングコードを書くことに抵抗がない方であれば、さまざまなモデルやパラメータの最適化について理解できる良書です。そのため、高度なAI実装能力を身に付けたい方におすすめの書籍です。

書籍名 Pythonではじめる機械学習
著者名 Andreas C. Muller、Sarah Guido 著、中田 秀基 訳
出版社 O’Reilly
ページ数 392ページ
販売価格
  • 書籍:3,740円(税込)
  • Ebook:2,992円(税込)

ゼロから作るDeep Learning

 

ゼロから作るDeep Learning

出典元:『O’Reilly』

ディープラーニングの本格的な入門書です。外部のライブラリに頼らずに、Python によってゼロからディープラーニングを作れるようになります。
誤差逆伝播法や畳み込みニューラルネットワークなども実装レベルまで理解できるため、基本書を探している方におすすめの書籍です。

書籍名 ゼロから作るDeep Learning
著者名 斎藤 康毅 著
出版社 O’Reilly
ページ数 320ページ
販売価格
  • 書籍:3,740円(税込)
  • Ebook:2,992円(税込)

スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング

スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング

出典元:『インプレスブックス』

Python初心者でもプログラミングに挫けないように、プログラミング1行1行が何を意味しているのか解説されている書籍です。プログラミングの読み方をすべて載せるという手法で、やさしさを目指したPython解説書です。

プログラミング知識がなくても読めます。また、先輩と後輩の会話形式で進むため、途中で挫折することなく最後まで読めます。そのため、AI初学者の方におすすめの書籍です。

書籍名 スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング
著者名 リブロワークス 著/株式会社ビープラウド監修
出版社 インプレスブックス
ページ数 208ページ
販売価格 2,178円(税込)

Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書

Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書

出典元:『SE Book』

データ分析エンジニアになるために必須となる技術が学べる書籍です。Numpy, Scipyなどライブラリによる分析、およびスクレイピングが丁寧に説明されています。

データ分析を行うための必要な知識を揃える本となっているため、データサイエンティストやデータアナリストを目指している方におすすめの書籍です。

書籍名 Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書
著者名
  • 寺田 学 著、辻 真吾 著
  • 鈴木 たかのり 著
  • 福島 真太朗 著
出版社 SE Book
ページ数 328ページ
販売価格 2,728円(税込)

現場で使える!NumPyデータ処理入門

現場で使える!NumPyデータ処理入門

出典元:『SE Book』

機会学習・データサイエンスの現場で利用されるNumpyの基本が学べる書籍です。現場で使える実践的な高速データ処理手法を重点的に紹介されています。

最終章では、現場で使うデータ処理手法が描かれています。機械学習・データサイエンスの分野におけるデータ処理に欠かせないライブラリを学びたいという方におすすめです。

E資格にプログラミング問題の学習方法

E資格対策向けのテキストをご紹介しましたが、プログラミングを習得するために、以下の方法で学習していきましょう。

プログラミングコードを写経する

まずは、プログラミングコードを写経していきましょう。写経とは既存プログラムコードを用意して、それを書き写すことをいいます。プログラムは理論や文法を学ぶだけでは不十分です。

実際のコードを写すことで、プログラミングの実践的なスキルを身につけることができます。コードを写経すればエラーやバグが起きることもありますが、それらの経験を通じて実践力を鍛えられます。また、使えると思ったコードはメモしておくようにしましょう。

自分でプログラミングコードを作成する

プログラミングコードの写経だけでは成長が見込めません。なぜなら、テキストに記載されているコードを真似して書けばプログラミングが書けてしまうためです。そのため、自分で考えてプログラミングコードを描き、実務能力を養っていきましょう。

講師陣などにコードレビューしてもらう

自分で書いたプログラミングコードが動くとは限りません。そのため、E資格対策を受講して、講師陣などにコードレビューを依頼しましょう。コードレビューをしてもらうことで、どうすれば作りたいものが作れるかが明確になります。

E資格のプログラミングの対策講座「E資格対策講座」

E資格のプログラミングの対策講座「E資格対策講座」

プログラミングが難しいと感じた場合は、AI研究所「E資格対策講座」を受講してみてください。ここでは、AI研究所のE資格対策講座の特徴をご紹介します。

受講形式が選択できる

AI研究所「E資格対策講座」は、受講者の好みに合わせて「対面受講」「ライブウェビナー」「eラーニング」が選べます。
他の講座では、eラーニング形式が多いですが、ライブ形式も提供していることが大きな特徴です。ライブ形式の講座を選べば、講師陣と仲間と一緒に楽しく試験勉強ができます。

合格実績が高い

AI研究所のE資格対策講座は合格率83.3%以上を誇ります。E資格対策講座の中でも、高い合格率を維持しています。その理由が、オリジナルテキストです。AI研究所のE資格対策講座を受講すれば、全572ページのオリジナルテキストがもらえます。
E資格には公式テキストがないため、1冊で学べるテキストを入手できれば合格が近づくでしょう。

また、AIコンサルティングの経験を持つ講師が、難しい数学や専門用語を初学者でもわかるように説明します。対面受講やオンラインウェビナーなどライブ形式のセミナーでは、わからないところを払拭していきながら、講座を進めていくのでご安心ください。

リーズナブルな料金体系

AI研究所では、法人・個人のお客様に受講してもらうためにリーズナブルな料金体系の講座をご用意しました。キャンペーン期間中であれば、さらにお得に受講できます。

  通常価格 キャンペーン価格
会場受講 206,800円(税込) 138,600円(税込)
ライブウェビナー 206,800円(税込) 138,600円(税込)
Eラーニング 184,800円(税込) 76,780円(税込)

>>AI研究所「E資格対策講座」の詳細情報はコチラ

E資格のプログラミング学習方法まとめ

E資格ではプログラミング問題が出題されます。穴埋め問題、開発環境の問題、コード作成があり、AI実装能力を身につけておかないと正答できません。そのため、コードが書かれたテキストを購入して写経した上で、AI実装ができるようになっておきましょう。

もし、プログラミング問題が難しいと感じた場合は、AI研究所のE資格対策講座を受講してみてください。講座を受講すれば、講師と一緒にコードを書いて習得していけます。講座に興味がある方は、下記サイトより詳細情報をご覧ください。

>>AI研究所「E資格対策講座」の詳細情報はコチラ